スパリゾートハワイアンズ へ行く!GW

GW 混雑状況 『スパリゾートハワイアンズ』

福島県いわき市にある温泉テーマパーク「スパリゾートハワイアンズ」、常夏の楽園として四季問わず南国リゾート気分を味わえ、東京ドーム6個分の敷地内に5つのテーマパークがあります。

朝一番もしくは夕方以降が比較的混雑しない時間帯

首都圏からのアクセスも良い人気の施設のため、 ゴールデンウィーク中は混雑が予想されます。そのため、GW中はオープン時間が早められるようで、通常は9:00オープンのところ、4/27・28・29・5/6は30分早く「8:30オープン」、5/3・4・5は1時間早く「8:00オープン」となるようです。

人気のウォータースライダー系のアトラクションは特に混雑し長蛇の列が予想されるので、オープン直後などの空いている時間を狙うと良いでしょう。もしくは、営業時間は22:15分までと遅い時間までやっているので、宿泊客が部屋に戻り空いてくる夕方から夜の時間帯もねらい目です。ただし、「ウォータースライダーは19:00まで」などアトラクションやプールによって終了時間が異なるので予めチェックしておきましょう。
スパリゾートハワイアンズの営業時間

GWのハワイアンズは混雑しますが、プールシーズン真っ盛りの夏場や温泉が恋しくなるお正月休みよりは混んでいないようです。駐車場は相当混雑するので子どもたちを長時間飽きさせないようにも開園より早く到着し、余裕を持っての行動を心がけましょう。

・ウォーターパーク
海のように広い巨大プールや流れるプール、大人用から幼児向けまで数種類のウェータースライダーなどがあるトロピカルで巨大なドーム。フラガールショーやイベントはここのステージで行われます。

・スプリングパーク
水着で楽しむリゾート感漂う男女混浴の温泉パーク。室内にある各種温泉を家族でゆっくり楽しめます。

・スパガーデン パレオ
屋外にあるプールの様な温泉です。水着着用の男女混浴で、ヨーロピアン調の造りの小さめの風呂が沢山あり、家族でのんびり入ったりして楽しめます。。

・ウイルポート
「より健康により美しく」をテーマとしたエクササイズやエステ、宿泊施設などが整ったホテル「ウィルポート」内にあり宿泊者専用のプールとなります。

・江戸情話 与市
江戸時代の湯屋にこだわった世界最大の大露天風呂。男女別の裸では入浴する露天風呂なのですが、洗い場は無く、脱衣所は冷暖房の無い江戸時代風の建物になります。

 

オムツの赤ちゃんには

オムツのはずれていない赤ちゃんは、泳げるオムツで利用できるベビープール(天使の水場)がウォーターパーク内にあり、すぐ隣には、小さなお子様用のプールもあり、幼児用のスライダーや噴水などがあります。赤ちゃんでも泳げるオムツを着用していれば、その他のプールにも、普通に入っても問題ないようで、赤ちゃん連れもよく見かけました。その他、裸で入る温泉などもあるので、水着や泳げるオムツが無い場合には、こちらで入浴することが出来ます。

 

お得!ハワイアンズのホテル(宿)

ハワイアンズのホテルに宿泊すると、宿泊日と翌日のハワイアンズの入場料が無料となり、プールで遊び疲れたら部屋でゆっくり休んだり、風呂代わりに気軽にハワイアンズの入浴施設を利用できます。ホテル内にも宿泊者専用の大浴場はあります。

・ホテルハワイアンズ
ハワイアンズに直結でそのまま行けますがホテル自体がとても広く部屋からハワイアンズは徒歩5分くらいです。ハワイアンズとは別の宿泊者専用の大浴場が幾つかあり、複数の別館がある大きな観光ホテルなので小さなお子様のいる家族連れにおすすめです。食事はバイキングの他、プランに応じてお座敷での懐石や鍋料理なども楽しまます。

・モノリスタワー
ハワイアンズのウォーターパークに直結しており、部屋から水着のままでも行けます。夜のフラガールショーを見に行くのも近くて楽々です。モダンな感じのインテリアが特徴ですが、家族連れにはちょっと寂しい感じなので、カップルや中学生以上の家族におすすめです。

混雑期は、周辺ホテルのハワイアンズ日帰りチケット付プラン

GWや夏休みや年末年始など、混雑期にはハワイアンズ内のホテルは満室になりますので、そのような場合には、ハワイアンズ周辺ホテルの日帰りチケット付プランがおすすめです。周辺にはいわき湯本温泉や小名浜などの観光地なので、ハワイアンズホテルと比べてリーズナブルな料金で本格的な温泉旅館が多数あります。ハワイアンズ内のレストランで夕食をすませるなら、朝食のみ付プランがお得です。

ハワイアンズと周辺の空室状況[楽天トラベル]・・・ページ最下部で日付指定の空室検索ができます。
ハワイアンズの目の前にある温泉ホテル[じゃらんnet]・・・すぐ目の前、徒歩3分の近さです。