スキー・スノーボード 年末年始 家族旅行

冬の定番スキー・スノーボード。子供がデビュー可能なのは4.5歳くらいからです。それまでは一緒にスキー場へ同伴し、キッズパークなどで雪に慣らしておきましょう。きっと4・5歳くらいになると大人の真似をして自分も滑ってみたくなります。そこへ、スクールなどに入れてみましょう。子供は次の年に来る時には身体も大きくなり、ウェアのサイズが合わなくなります。よって、レンタルがよいですね。ブーツのサイズなどは合っていないと危険なので、よくチェックしてあげましょう。

 

マウントジーンズ(那須)日帰り可コース

1シーズンに2回スクールに行くことができたら、子供の習得率の速さからいっても素晴らしい躍進が見られるでしょう。マウントジーンズなどは首都圏から気軽に日帰りでもいけますから、シーズン中頑張れば数回行くことも可能です。

よく「親が滑れるから教えられるし」という方がいますが、上手な両親であればあるほど子供を叱っちゃうものです。叱ると子供はちょっとつまらなくなります。それよりも、他の子供たちと一緒に楽しくスクールに入れてしまうのも、子供には良い体験です。マウントジーンズでは3歳から受講可。2時間と4時間の2コースあります。半日あれば驚くほど上達しますね。靴の履き方、板につけ方から始まって、リフトの乗り方を教えて降りてくるところまでは初級でやります。

私と息子はそれぞれが大人用子供用のスキースクールに入って、終了後合流して一緒にリフトに乗って滑りました。たった一日で、素晴らしい進歩の中お互いとても楽しかったことを覚えています。

その1年後に息子は、単独で子供のスキースクール旅行に参加し、認定のようなバッジを貰って帰ってきました。次に一緒に行く時は、私は教えてもらう番かもしれません。

スキーかスノボーかは、最初に選択します。あらかじめ決めておきましょう。

 

湯沢パークスキー場-泊まりは「湯沢パークリゾートホテル」

湯沢パークスキー場のキッズレッスンは、一時間。4歳から未就学の子供が対象です。雪に親しむところから、スキーが楽しくなるレッスンです。それ以上は初心者レッスンから。初めてボードやスキーをする方のために、安全な転びかたから基本操作の練習、ターンができるようになる。リフトに乗れるようになるなどをします。その次は初級者レッスン。スキーの場合は変化にとんだコースを滑走しながら、スキーのコントロールを学び、安全な技術を学びます。ボードの場合はターンが上手に出来ない方を対象に色んな斜面を利用して基本練習をします。スキーレッスンは2時間と4時間があります。ボードは2時間です。4時間というのは一日ということですね。

さて、一日湯沢のスキー場にいたら、当然日帰りで東京圏内に帰っては来られません。そこで宿泊は必ず早めの予約をしておきましょう。湯沢パークリゾートホテルには「スキーパック料金」とあって、リフト乗り放題券が付いています。このホテルの温泉は天然温泉で、貸切家族風呂もあります。古代檜の湯船で心身を癒しましょう。

実はこのスキー場では有料になりますが、SAJ公認バッジテストというものがあります。小学生以下ジュニア検定もあります。自分の技術レベルを知るためにもちょっと受けてみたいですね。子供を連れて、毎年スクールをして、バッジを目指す家族旅行というのも進化系家族という感じがして素敵です。

 

参考ページ:

楽天トラベル 「お子様無料のスキー場の宿」