小学生連れ 年末年始 家族旅行

子供が小学校へ入る頃になると、少しずつ遊びの可能性も広がってきます。早めに何かを体験させたいと言うご両親もいらっしゃるでしょう。ここは早速、スキーなどはいかがでしょうか。

小学生でスキー・スノボーに挑戦・・・

「教えるほど上手じゃないから」と引かないでくださいね。子供に教えるには、親もスキーを履いてなので、かなり慣れていないと誰でも難しいものです。
そこで、我が家などは、親子それぞれがスキー場のスクールに入りました。基本はやっぱり大事ですし、きちんとした基本は危険を防止してくれます。スクールの最後には初級などは「では、リフトの乗り方も学びましたし、自由時間は気をつけてリフトに乗って滑ってみてくださいね」としてくれます。我が家はスクールの最後に子供とリフト前で合流して一緒にリフトに乗り、初級コースを一緒に滑ってきました。子供はすっかり基本を身体で習得しており、大人顔負けで滑り降ります。
子供はその次の年には、検定を受けに一人でスキースクールのツアーに参加しています。子供に体験させてあげるというのは、楽しさと、基本と、安全を教えてあげるところから始まるのです。

ハンターマウンテン塩原ウインターパーク
 ハンターマウンテン塩原は東京から日帰り可能なところにある近いスキー場です。ここは幼児から大人まで楽しめるまさにウインターパーク。幼児はキッズパークでソリや雪遊びを。小学生から大人はハンターマウンテン塩原スノーアカデミーで初級から学ぶことができます。しかし、なんとここでは3歳から参加可能ということで、これはすごいなぁと感じます。もっとも、両親がスキー大好きな家庭であれば、3歳からのスキーだって可能ですものね。スケジュール等はホームページをご確認ください。
スキー・スノボー等のレンタルもしています。荷物無しは魅力ですね。

 テーマパークに行きたい!

子供たちは誰でも大好きなテーマパーク。東はディズニーリゾート、西はユニバーサルスタジオジャパン。そして南はハウステンボス。どこをとっても、ハロウィンが終ると飾りを一掃してクリスマスに早代わり!メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!とどこもかしこも電飾でいっぱいです。クリスマスはオリジナルグッズや、クリスマスイベントがありますし、年越しのカウントダウンに花火をあげてお祝いするところもあります。混むかもしれません、寒いかもしれません、でも心に残ることは確かです。

ともあれ、大体が海沿いになどに施設があるために、とっても寒い。混雑していると、アトラクションに並ぶ列も長くて、外で待つには寒すぎます。花火もそうでしょう。しっかりとした防寒をこころがけましょう。カイロなどは必需品です。冷たい冬の風を防ぐために、風を通さない素材のものがよいでしょう。パレードを待つ間などに、防災用具で有名になったアルミシートを被っている人もいます。

東京ディズニーランドなどは、建物の中でぐるぐる回るように並んでいるものもあります。これは並んでいるひとに暑さ寒さから守るためと、徐々にそのアトラクションの中に入って楽しんでもらうためもあります。途中の「素材が違う?」壁にさわったりすると、思わず温かかったりすることがあります。さて、どこでしょうか?隠れミッキーなどと一緒に探してみましょう。

果物狩り-たくさん食べれるよ!

美味しい果物狩りは秋だけではありません。冬はみかん狩りがありますし、お正月くらいからはイチゴ狩りができるところがたくさんあります。みかんは伊豆が暖かくて有名です。イチゴは房総の外房九十九里付近がとても有名です。気候のよいところで家族でどれくらい食べられるか競争してみますか? ポイントは、最初にトイレにいっておくことです。果物は水分が多いので、お腹がチャプンチャプンになって食べられなくなってしまうのです。

もう1つは、品種の食べくらべです。やってみると、子供だって通になった気分になれますよ。

できれば、果物狩りと何か1つプラスして旅行をすると、更に充実したものになると思います。

参考サイト:

「スキー&スノボ特集 ゲレンデ周辺の宿」楽天トラベル
「年末年始のディズニーリゾート特集」楽天トラベル
「年末年始のUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)特集」楽天トラベル