暖かい沖縄 年末年始 家族旅行

「寒い冬には暖かい地へ移動して、暑くなったら北に移動して・・・」なんて渡り鳥のような希望を言ってみたくなりますよね。本当に渡り鳥な生活ができないとしても、寒い年末年始に温暖な沖縄に行けたらなら、どんなに心身に癒しになるかと思いませんか?

 

冬の沖縄とは?

常夏の島沖縄・・・のイメージですが、冬はやっぱり沖縄も冬です。でも、12月あたりで関東地方がすっかり冬の気温に染まっている頃、沖縄は19℃程度です。関東でいったら秋でしょうか。真冬の2月でさえも17℃ある沖縄は、常夏とまでいわなくてもやはり温暖です。

この気温ですと、さすがにビーチで海水浴というわけにもいかないので、冬の沖縄旅行は代金がぐーんと安くなります。もう1つ理由があります。北半球の温暖な気候の地域は冬になると雨季になるところが多いのです。熱帯雨林とまではいかなくても、沖縄も冬は雨が多くなります。必然的に夏のようはマリンスポーツができないので、旅行代金が安くなるのでしょう。

 

この時期を利用して沖縄へ!

ビーチで海水浴というわけにはいかなくても、晴れている沖縄は冬でも昼間は初夏のような日差しであったり、汗をかいて車中クーラーをつけたくなったりします。一時でも厳しい冬から離れ、気候の良いところでレジャーを楽しむのには最適です。

夏に訪れたことがある方は、名所名跡を訪ねるというのは、ちょっと暑すぎてバテちゃうなと思うところがあったと思います。冬のこの時期こそ、そういった歴史的史跡の首里城や世界遺産をじっくり見学するチャンスです。沖縄県立博物館や美術館もあるので、雨の日にはこういった施設をめぐるのも非常に有効です。

国内旅行なのに、どうしても高くついてしまう沖縄旅行。しかし、この冬シーズンならば、夏には泊まれないようなリゾートホテルもリーズナブルに泊まることができます。沖縄は温泉もあるので、ゆったりと良いホテルで癒しに浸るのもよいものです。

 

沖縄でトレッキング

子連れで冬山登山・・・なんて絶対危険で出来ませんよね。でも関東付近でも冬はうっすらと雪が積もり厳しい気候になります。そこで、温暖な沖縄ならばトレッキングも快適な外気温で挑戦が可能です。険しい山がないので、ゆるやかなところを数時間で登れるところもあります。色鮮やかな亜熱帯の自然を堪能しながら、家族で「あのお花はなんだろう?」なんて会話を持ちながら歩けたら嬉しいですね。
沖縄本島の最高峰で与那覇岳で503m。石川岳や熱田岳、名護岳等など、気軽な標高が並んでいます。それでも山登りは・・・というご家族は、国頭村森林公園のトレッキングが良いかもしれません。

 

冬の沖縄の目玉はホエールウォッチング

夏の目玉がビーチなら、冬の目玉はホエールウォッチングです。1月から3月くらいになると、出産子育てのためにザトウクジラがやってきます。沖縄ではこのクジラを見ようと、数多くのツアーが組まれています。メインは沖縄本島の那覇などやリゾートエリアから日帰りツアーにされています。ちょっとここで、クジラウォッチングの、どんなクジラの仕草が目玉か説明しましょう。

ブロウ=一般的な「潮吹き」です。潮を吹くというよりは、クジラは哺乳類なので息継ぎをしているのです。潮を吹く15~40秒間に3,4回呼吸し潜行し、再び浮上するのは15分から20分後です。クジラどこ??なんて見逃さないように、目安になります。

フルークアップ&フルークダウン=フルークを直訳するとクジラの尾(一部)ですね。尾びれをまっすぐに水面に持ち上げて潜水、腹側の模様を見せてくれるのがフルークアップです。見せない時はフルークダウン。

テイルスラップ=尾びれを高く持ち上げて振り下ろし、水面を勢いよくたたきつけ、大きな音と水しぶきが派手に行われます。これは攻撃的な意味ですが、ウォッチング上では見ごたえのあるところです。

ブリーチ=身体を水面上から中へ持ち上げて、胸びれを側面に突き出して空中で回転、背中から海中に落ちます。クジラの体長を考えると、かなりの大迫力な光景を目にすることができます。これはクジラの身体に付いた魚やごみを落とすのに使われる行動だそうです。

ヘッドスラップ=上体の1/3を水面上に持ち上げて、そのまま海面に叩きつけます。力の誇示や威嚇行動だといわれています。人間が船でやってきて、確かに威嚇もしますよね。でも、よくテレビなどでドキュメンタリー番組などで放送されるテレビの中のクジラではなくて、我が目で間近で見ることができるのは、感動しきりです。

 

ホエールウォッチングの準備

ホエールウォッチングは船ででかけます。船酔いする人は、事前に酔い止めを飲んでおきましょう。

デジタルカメラ・使い捨て防水カメラ・ビデオカメラなども思い出と感動の場面を残すために必要ですよね。ただし、水しぶき波しぶきが上がる場合が想定されます。防水対策はきちんとしましょう。

防寒対策も必需品です。沖縄の島の中ならば良いのですが、クジラが出現する海の真ん中では、さすがに海風が強いです。風や水を通さない防寒がよいと思われます。

 

ホエールウォッチング参考ツアー

参考までに、ホエールウォッチングのツアーを紹介しましょう。

沖縄ツアーランド・Cerulean Blue・くじらに会おう.JP・マリンシーサー・恩納村出航ホエールウォッチング・アイランドクルーなどがあります。

ホエールウォッチングも早くから企画をだしています。「NEWS」では専用クルーザーのハッピーアイランド号で出航しています。12歳以上は大人料金です。

ウォッチングの一例のスケジュールを見てみましょう。

●那覇発 9:30 〜 帰港13:00の時間帯になります。
スケジュール
09:00 集合 受付 事前説明
09:30 出港 那覇発
10:00 慶良間周辺着 ホエールウォッチング(1〜1.5h)
12:30 ホエールウォッチング終了
13:00 帰港 那覇着

各ツアーとも、色々趣向を凝らしているので、比較して決めるのも有りですね。