斑尾高原の広いゲレンデ 年末年始 家族旅行

斑尾高原スキー場は東京からだと関越自動車道から上信越自動車道で約3時間、豊田飯山インターから約25分です。長野新幹線だと東京から長野まで79分、そこから急行バスで70分で着くことができます。

広大なゲレンデ、豊富なコース、そして子供に優しいスキー場でもあります。小学生以下はリフト無料であったり、キッズパークはもちろん、キッズファミリー専用の斑尾冒険コースなどもあります。

 

キッズパークも楽しさ満載

一日500円で遊べる子供に大人気のキッズパークです。まだ大人に混じっては危険なキッズがスキーやボードをできる専用コースがあり、ソリやスノーチューブもできます。雪遊びやかまくらもあります。小さな子供は雪の中を歩き続けるのもおぼつかないので、スノーエスカレータも常設されています。500円というのは、この料金が含まれているのです。ここのスノーチューブは子供だけでなく大人も楽しめる人気アトラクション。ホームページには動画もアップされていますが、見ただけで乗りたくなってしまいます。ここでは託児サービスも斑尾高原ホテル内にあるので、疲れてしまった子供に無理をさせることもありません。

 

充実のスクール!目指せ技術検定!?

自転車のように一回乗れてしまえば、スキーも後は気にせず滑れてしまいます。でも、できればしっかりした基本を身体に教え込んでおいたほうが、負担も怪我も少ないはずです。ここ斑尾高原スキー場のスクールも充実していて、未就学児用のキンダーレッスンは1時間。小学生以上の一般レッスンは半日と一日があります。実はここは「MSスタープロスキースクール」で、インターナショナル検定を受けることもできます。子供はジュニア・インターナショナル検定で、シニア・インターナショナル検定などもあります。とはいえ、検定を受けるためのガチガチの指導ではなく、クラス別に楽しく雪に親しみながら学びます。検定を受けることができたら、そのバッジは家族旅行でも良い思い出になるでしょう。中には、こういった検定をきっかけにして、例えば子供だけを引率していくスキー教室などに参加してさらに上の検定を受けに行く子供も出てきます。

ここでの食事は大きなハンバーガーの「BIG斑バーガー」が好評です。

 

他にもある斑尾高原のスキー場

斑尾高原には、もちろん他にもスキー場があります。大人で初心者クラスだと、タングラム斑尾のほうが滑りやすいと言われています。ここにもキッズパークやスクールがあり、託児施設もあります。更に、こちらはスノーリゾートということで日帰り可能な温泉や露天風呂、ゲレンデを見ながら泳げる室内プール、なんと雪上ドッグランまであります。ホテルも併設されているので、宿泊してリゾートを満喫するのもありですね。年末年始は大晦日にたいまつ滑走を見ることができたり、お正月イベントが開催されたりもします。