伊豆でミカン狩り 年末年始 家族旅行

温暖な気候の伊豆の冬は、みかん狩りが盛んです。特に「伊東みかん」と呼ばれる伊東はみかんの産地でも有名ですね。みかん狩りの時期はどこも種類によって違います。が、一般的な早生温州みかんや普通の温州みかんは、10月から1月末頃までです。

 

ビタミンC豊富な、みかんをたくさん食べたい!

みかんを食べると風邪を引かないとか、ミカンの皮を干してお風呂に入れると、身体が暖まるとか、みかんは冬の健康にとても役立つものです。しかも美味しいですよね。コタツでみかんを剥きながらテレビを見ていると、ついつい食べ過ぎてしまったりします。こんな光景がわりとノンビリしていて私は大好きです。

が、籠に盛られたみかんは、あっという間に無くなってしまうものです。そこで、採れたてビタミンCを、太陽の光をいっぱい浴びている真っ最中のみかんを、心行くまで食べてみましょう!

みかんの木は、山の斜面にそって植えられているので、急斜面などは小さな子供は必ず目を離さないようにしましょう。また、背の高い木ではないので、その下を走り回ったりして枝に引っ掛けたりすると危険です。登るときは良いのですが、下りは手を添えてあげましょう。

どのみかんが甘くて美味しいか。それはせっかくなので試してみましょう。一般的に、みかんは丸いものより平べったい形のものが甘いといいます。皮の色は濃いほうが甘い。また、みかんの軸は色が濃いものより薄いもので、枝から容易に採れるものが良いようです。

手はもちろん糖分でベタベタになるので、ウェットティッシュは必需品ですね。みかんの汁が飛んでもよい服装にしましょう。本気でたくさんみかんを食べたい場合は、事前に水分をちょっと控えて、トイレをすませておきます。くだもの狩りの常なのですが、どうしても果物は水分が多いので、お腹がいっぱいというよりお腹が水分いっぱいになってしまいます。ちなみに私は9個食べました。もうお腹はタプンタプンです。

ツアーでみかん狩りの場合は、みかん狩りを終えてバスなど交通機関に乗る前に子供のトイレは済ませるようにしましょう。かなりの水分量を摂っているはずです。

 

伊東みかんのみかん狩りでは

600円コース、800円コース、1000円コースとあります。お土産込みの価格です。お土産不要の場合は入園料400円です。もちろんこれは基本情報で、各施設によって多少変更があります。またその年の気候によって、みかんの出来や、採れる最盛期が違ってきます。確認の上利用しましょう。