幼児と行く!GWの宿

 2歳以上の幼児はとにかく動き、何にでも興味を示すので、ゆったりとした赤ちゃんとの旅行とはまた違った、アクティブな旅行も楽しめます。一緒に見て、触って、遊んで、会話して・・・旅行が楽しくなる時期です。

 しかし、まだぐずったり、トイレなども手間がかかる時期。計画にはゆとりを持って。少しずつ昼寝もなくなり、興味のあることには集中できるようになってくるので年齢が上がるとともにパパ・ママも旅行がどんどん楽になります。しかし油断は禁物。迷子や事故には十分気を付けて。

 動物園や水族館は幼児と行くにはおすすめです。動物の名前を教えてあげたり、ふれあい広場で動物を触らせてあげて下さい。水族館ではアシカやシャチのショーを一緒に楽しむこともできます。

 また、遊園地やテーマパークも良いでしょう。幼児用の乗り物が多いところもたくさんあります。本格的に楽しめます。

 幼児連れ旅行におすすめのゴールデンウィーク人気宿を紹介します。

おすすめの宿

ペンション 知史(ともふみ) (栃木県那須郡)
 那須高原に建つファミリー向けのペンション。20畳の広々キッズルームにはおもちゃや絵本がいっぱいで子どもたちを飽きさせません。また、年齢に応じたお子様ランチが用意されます。貸切の岩風呂にはおもちゃがたくさん用意されており、家族でゆったりとバスタイムが楽しめます。
 周辺には「りんどう湖ファミリー牧場」「那須サファリパーク」「那須ハイランドパーク」「那須どうぶつ王国」など盛りだくさん。是非ゴールデンウィークは那須高原のペンションで小鳥のさえずりや心地よい風に癒されながら子どもと目いっぱい遊んでみては。